AGA治療薬の成分と効果について

数多く開発・販売されているAGA治療薬ですが、どのAGA治療薬がどんな脱毛症状の方に効果的なのかを知っていないとせっかく購入して使用しても無駄になってしまいます。各AGA治療薬の成分や効果についてご紹介。

ミノキシジル配合のAGA治療薬外用薬

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれるものであり、世の多くの人の薄毛はこのタイプであるといわれています。
特徴としては、主に20代から30代にかけて徐々に薄毛が進行していき、主に頭頂部や前頭部の髪の毛から薄くなっていくという特徴があります。

しかし、最近はこのAGAに対するAGA治療薬を服用することによって、薄毛の進行を食い止め、さらに毛髪の成長を促すことが可能になりました。

特に効果的である薬としては、髪の毛の成長を止めてしまっているといわれている酵素の働きを抑制するための内服薬と、ミノキシジルと呼ばれる成分を配合した外用薬を挙げることができます。
AGA治療は様々な医療機関で受けることができますが、最近の治療の主流としては、内服薬と外用薬を組み合わせて行うということになっています。

特に、ミノキシジルが配合されているAGA治療薬に関しては、医療機関で受診をしなくても薬局などで購入することもできます。
また、内服薬よりも副作用の心配もないので、今はそれほど薄毛が進行していない人であって、これから予防をしていきたいと思うのであれば、このミノキシジル配合の外用薬から試してみるとよいかもしれません。
ミノキシジル配合のAGA治療薬を使用する場合は、基本的に1日に2回頭部の髪の毛が薄くなっている部分に塗るだけです。
頭部に薬を塗ることによって、頭皮の血管を拡張させることができます。
頭皮の血管を拡張させることにより頭皮の血流がよくなり、髪の毛の成長に必要な栄養素を頭髪に届けやすくしますから、結果として頭髪の成長を促すことができるようになります。

最近は、ミノキシジルの配合量が異なる薬が販売されていますから、自分に合った薬を選ぶことが大事になってきます。
たとえば、薄毛の状態がそれほどでもなければ、ミノキシジルを1パーセント配合している薬にしたり、だいぶ薄毛が進行してしまっているような人の場合は、5パーセント配合のものにしたりするとよいかもしれません。
しかし、一日にたくさん塗ればそれだけ効果が上がるといったものではないので、決められた使用量を守ることが大事になってきます。

■フィナステリドを主成分としたAGA治療薬になります
エフペシア
■女性の薄毛治療薬もあるんです
女性の薄毛の治療薬とは?