数多く開発・販売されているAGA治療薬ですが、どのAGA治療薬がどんな脱毛症状の方に効果的なのかを知っていないとせっかく購入して使用しても無駄になってしまいます。各AGA治療薬の成分や効果についてご紹介。

二種類の育毛剤リアップとプロペシアの違いについて

髪の毛が薄い、生え際が後退してきた、こういった薄毛や脱毛に悩む男性の9割が男性型脱毛症(AGA)だと言われています。
日本皮膚科学会が出している男性型脱毛症診療ガイドラインでは、「ミノキシジルを含有した外用剤」と「内服治療薬フィナステリド」が男性型脱毛症の治療として「推奨度A(行うことを強く勧める)」に認定されています。
商品名で言うと、ミノキシジルを含有した外用剤がリアップ、内服治療薬フィナステリドがプロペシアです。
では、この二つの育毛剤はどのように異なるのでしょうか。

まずリアップについて見ていきましょう。
リアップに含まれるミノキシジルはもともと血流をよくして血圧を下げる降圧剤として使われていましたが、増毛の副作用があったことから育毛剤としての研究が進みました。
その結果、ミノキシジルには血流を抑止、毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる作用があることが分かりました。
つまり、リアップには発毛促進作用があると言えます。

一方のプロペシアの作用について説明する前に、男性型脱毛症のメカニズムについて説明します。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、DHTが頭髪の成長期を短くすることにより、髪が長く太く成長しなくなったりすぐ脱毛するようになったりすることで起こります。
プロペシアはこの5αリダクターゼの働きを阻害することでDHTの生成を抑制する作用があります。
その結果として、短くなってしまった成長期がもとに戻り、脱毛を抑制することで男性型脱毛症を改善します。

こうしたはたらきの違いから、男性型脱毛症を治療するにはまず脱毛抑制作用のあるプロペシアを用い、場合によってはリアップで発毛を促す、という育毛剤の使い分けをしています。