数多く開発・販売されているAGA治療薬ですが、どのAGA治療薬がどんな脱毛症状の方に効果的なのかを知っていないとせっかく購入して使用しても無駄になってしまいます。各AGA治療薬の成分や効果についてご紹介。

飲む育毛剤のミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットとは、血管拡張剤のミノキシジルを配合した錠剤タイプの飲む育毛剤で高い人気があります。
ミノキシジルタブレットの主成分ミノキシジルは高血圧症にも使用される血圧降下剤で、育毛剤として使用される場合は、フィンペシアやプロペシアとの併用されることがほとんどです。

ミノキシジルには、血圧を下げて血管を拡張させることで血流を改善させる作用がありますが、この作用が毛髪の生成にも大きく関係しています。
髪は、毛根内にある毛乳頭が毛細血管から栄養を吸収して、毛髪を生成しろ、という指示と一緒に毛母細胞に栄養を送ります。
栄養を吸収した毛母細胞は活性化し、分裂を繰り返すことで毛髪がつくられます。
血管が拡張して血流が良くなると、毛髪が作られる仕組みがスムーズになって、より丈夫な髪が多く生えてくるようになります。

ミノキシジルタブレットは、頭頂部の薄毛だけではなく、生え際の発毛といった、育毛剤として高い効果がありますが、副作用が起こるリスクが高い傾向にあります。
ミノキシジルタブレットは用法、用量を守り、正しく服用すれば副作用について神経質になる必要はありませんが、副作用には、体毛が増える・濃くなる、頭痛、めまい、動悸、胸の痛み、むくみなどが起こることがあります。

また、ミノキシジルは血圧降下剤であるため、もともと低血圧の方が服用すると、血圧が下がりすぎる危険性もあるので、低血圧の場合は服用を控えてください。

ミノキシジルタブレットは、プロペシアやフィンペシアと併用すると相乗効果によってAGAの改善効果が高くなります。
プロペシアに含まれているフィナステリドは、AGAの原因のジヒドロテストステロンという酵素を生成を阻害する効果があるため、抜け毛抑制に有効です。
ただ、プロペシアも内服薬であるため、服用する場合は、体調や健康状態に注意してから使用してください。